ジャンルから探す
写真集
はじめての発見シリーズ
趣味・アート
生活・教養

書名から探す
     
     

著訳者名から探す
     
     

『他人任せ幻想』の国
「実態なき国際化」への警鐘!
『他人任せ幻想』の国
著者 村山 瞭永
体裁 四六判・上製
ページ数 324ページ
ISBN 978-4-907737-22-1
この本を買う 書籍内容・詳細

定 価 : 1,728円
(本体価格1,600円 + 税)

数量:

 

この本をAmazonで買う

日本人はどうしてこうなってしまったのか?そして国際化の果てにあるものは?
私たちの中に巣食う「他人任せシンドローム」が一人一人の「真に豊かな暮らし」を蝕み、今日の無責任な社会を作り出してきたのではないか? ITエンジニアを経て、ヨーロッパの現地法人で投資及び、経営管理コンサルティングに従事し、公認会計士としても世界を股にかけて活躍する気悦の著者が「実体なき国際化」へと流れる日本人に警鐘を鳴らし、ヨーロッパの生活モデルを検証しつつ「本当の幸せとはなにか」を問いかける。 在欧10年の経験を生かし、日本全体を覆う「他人任せ幻想」を鮮やかに浮き彫りにする渾身の力作。

著者紹介

村山 瞭永(むらやま あきなが)

東京都世田谷区生まれ。1981年、一橋大学社会学部(社会心理)卒業。大手メーカーのITエンジニアを経て、イギリス、オランダの現地外資法人にて、投資および経営管理のコンサルティングに従事。在欧十年。帰国後、公的機関および国際的企業の経営管理アドバイザーとして幅広く活躍中。専門は欧州組織編成、情報組織論。ヨーロッパ音楽とアジア料理をこよなく愛する。国際舞台で活躍している数少ない公認会計士の一人でもある。EDP監査人協会(現、情報システムコントロール協会)東京支部、元常務理事。現在、キャピトル・ジャパン共同事務所パートナー。ネクシア・インターナショナル(Nexia Internashonal)日本代表。ドイツ連邦共和国 ラインラント=プファルツ州経財省駐日代表。

このページのトップへ | HOME |