ジャンルから探す
写真集
はじめての発見シリーズ
趣味・アート
生活・教養

書名から探す
     
     

著訳者名から探す
     
     

2001年のボケ
日本初の医療介護現場最優先のテキスト
2001年のボケ
著者 清水 允煕
体裁 四六判・上製
ページ数 380ページ(オールカラー)
ISBN 978-4-907737-02-3
この本を買う 書籍内容・詳細

定 価 : 2,592円
(本体価格2,400円 + 税)

数量:

 

この本をAmazonで買う

37人の症例集。
「介護保険制度」に備え、痴呆老人に対する正しい理解とその処方箋を、数多くの臨床体験で培われた貴重で具体的な「症例」で解説したわが国では初めての医療介護現場最優先のテキスト。
痴呆症状テスト表付き。

・ビデオ『痴呆介護の実践講座シリーズ』もございます。 併せて介護に活用出来ます。

著者紹介

清水 允煕(しみず のぶひろ)

1936年東京生まれ。東北大学医学部卒業。東京慈恵医科大学付属病院で研修後、精神科医として各地の公・私立病院勤務を経て、1979年に静岡県御殿場市に日本で唯一の痴呆老人専門病院を開設。現在、医療法人社団・清陽会 御殿場高原病院理事長・院長。数多くの臨床体験から「生活史型痴呆」を発見、 その考え方を治療に生かして顕著な効果をあげている。主な著書/「ボケのち願わくば晴れ」鷹橋信夫氏と共著(栄光教育文化研究所)、「ボケが晴れるとき」(日本実業出版社)、「痴呆老人への接し方」(信山社)、「老年期痴呆判定と対応」(千葉テストセンター)

*御殿場高原病院
http://www.0550895671.com

このページのトップへ | HOME |