ジャンルから探す
写真集
はじめての発見シリーズ
趣味・アート
生活・教養

書名から探す
     
     

著訳者名から探す
     
     

三島由紀夫 ロゴスの美神
―日本語の天才を読み解く42の鍵―
三島文学のアンソロジー!
三島由紀夫 ロゴスの美神
著者 三島 由紀夫
編集 山内 由紀人
体裁 四六判・上製
ページ数 380ページ
ISBN 978-4-907737-43-6
この本を買う 書籍内容・詳細

定 価 : 2,592円
(本体価格2,400円 + 税)

数量:

 

この本をAmazonで買う

君は三島を知っているか?

日本語を再発見するムーブメントの中で、日本文化の正当な継承者、自然主義文学の潮流に対峙する昭和唯美主義文学の最高峰、また西洋文学と日本語を見事に融合した希有な才能としての三島由紀夫のエッセンスを新しい形で再構築した「三島ロゴスの世界」決定版。
三島由紀夫という作家の非凡さは美しい言葉が織り成す格調高い文章芸術にある。決して古くならず、むしろ21世紀の日本人にとって示唆的な三島由紀夫のロゴスワールドをこの本で体験できる。新たな三島ファンのための入門編として、また三島マニアの愛蔵版、研究者の資料としても必携。

編集者紹介

山内 由紀人(やまうち ゆきひと)

1952年東京生まれ。立教大学日本文学科卒。
1984年『生きられた自我−高橋たか子論』で、第27回群像新人文学賞評論部門秀作受賞。
著書に『三島由紀夫の時間』(ワイズ出版)、『神と出会う−高橋たか子論』(書肆山田)。編書に『三島由紀夫映画論集成』(ワイズ出版)などがある。

このページのトップへ | HOME |